TOP > さわやかな毒舌飯島愛 体調不良で芸能界引退へ
Google
 ← 大げさな記事 → キムタクが後輩の松本潤に敗れた! | TOP | どうした?日経平均、250円超下げ=連鎖安止まらず-東京株式市場

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


さわやかな毒舌飯島愛 体調不良で芸能界引退へ 

2007年03月03日 ()
飯島愛 体調不良で芸能界引退へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070303-00000018-spn-ent

 タレントの飯島愛(34)が芸能界引退に向けて調整に入っていることが2日、分かった。飯島本人がTBS関係者に体調の不安を訴えており、同局のバラエティー番組では既に“引退特番”も検討。バラエティーなどレギュラー番組だけで週4本を抱えるが、早ければ3月いっぱいで芸能活動を終了するとみられる。


プラトニック・セックスをみると、大変な人生を経験してるな~。多くの経験が視聴者を引きつける魅力的なトークだったんだと思う。


プラトニック・セックス
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

2000年10月に小学館から出版。ミリオンセラーを達成し話題となる。
飯島愛の壮絶な過去を自ら綴ったノンフィクション自伝。元々は成績トップの優等生であったが、厳格な両親と思春期の狭間に揺れる中学生時代から、万引き、家出、シンナー、同棲、レイプなどの非行を経て、ホステス、AV、美容整形と、数々の過去が描かれている。
タイトルは所属事務所ワタナベエンターテインメントの社長が名づけたもので、飯島本人は当初タイトルの意味すら知らなかった。
飯島のエッセー本、処女作といわれているが、実は以前にもエッセー本を出版していたので、正確には2冊目のエッセーである。
映画化、ドラマ化もされ、海外でも大ヒットとなり、印税額も1億円以上だと言われている。
後に本人がメディアで自嘲気味に書いたとおり、「自分で書いてない」(ゴーストライター)ため、所属事務所に大半が入った印税の分配には合理性がある。ただし、作品自体が嘘であるとか事実でないというわけではない。恐らく口述筆記か専属のライターが飯島の体験をドラマにして脚色したというのが実情であろう。
テレビ番組において、本人が笑顔で「書いてませ~ん」と話した事がある。
週刊誌等でゴースト説が暴露されたが、本人があっけらかんとして事実を認めたため、さほど問題にはならなかった。全くの嘘・事実誤認を伝記として書くのなら問題だがそうではない。同著の場合、「飯島の体験」をライターが再構成しただけであり、それがクレジット表記されていないだけの事である。


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.03(Sat) 11:04] トピックスTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 大げさな記事 → キムタクが後輩の松本潤に敗れた! | TOP | どうした?日経平均、250円超下げ=連鎖安止まらず-東京株式市場

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://partner1.blog84.fc2.com/tb.php/20-154dd103
 ← 大げさな記事 → キムタクが後輩の松本潤に敗れた! | TOP | どうした?日経平均、250円超下げ=連鎖安止まらず-東京株式市場

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。